「入国管理」についてよくあるご質問にお答えします。

入国管理とはどういうものでしょう
異なる国家間を出入する際に、国(政府)がその出入国を管理・情報把握することで、日本国では入国管理局が担当しています。入国のほうが重要なため、便宜上”入国管理”と言いますが、実際には出国管理も含んでいます。外国人が日本に滞在するためには必要な資格として”在留資格”があります。在留資格は、働いてよいかいけないか、その職種など、日本での活動内容・範囲によって27種類に分かれています。
行政書士は、この在留資格に関して日本の法律や制度に詳レくない方、日本語が得意でない方、忙しくて時間がない方などのために書類を作り、手続を行っています。
どんな手続きをしてくれるのですか
外国人の日本在留時の活動(結婚・就職等)に関するさまざまな手続きのお手伝いをしています。具体的には、外国人と結婚をしたので相手を日本に呼び寄せたい場合、また外国人を雇うために外国から日本に人を呼び寄せたい場合などに必要な「在留資格認定証明書交付申請」の作成。いまある在留資格の期間を延ばす「在留期間更新許可申請」、別の在留資格に変える「在留資格変更許可申請」、期限のない在留資格に変える「永住許可申請」などが一般的です。また最近では、2012年7月に導入された”在留カード”に関する手続きのサポートも行っています。
在留カードとはどういうものですか
2012年7月9日から新しい在留管理制度がスタートしました。外国人登録制度が廃止され、それに代わって中長期滞在者には“在留カード”が交付されるようになりました。また外国人住民の方にも住民票が作成されるようになりました。在留期間内に一時出入国するために必要だった再入国許可が1年以内の場合は原則必要なくなるなどいくつかの制度もあわせて変更されました。“在留カードには更新・変更等の手続の時に自動的に切り替えられますのですぐに換える必要はありませんが、入国管理局に申請して換えることもできます。お近くの行政書士にご相談ください。
あなたの身近なパートナー!022-292-2351 メールでのお問い合わせはこちら
法人設立 専門サイトはこちら 顧問契約(記帳代行・給与計算・労務相談) 詳しくはこちら 就業規則作成・見直し 詳しくはこちら 会計記帳代行 詳しくはこちら

その他のサービス

マイナンバー対応サービス・基本方針 へんみ事務所は適切にマイナンバーを管理しております。 小冊子プレゼント『経営に生かすコンプライアンス』 請求フォームはこちら 無料小冊子プレゼント『会社を守り、従業員を守る』 ダウンロードはこちら 経営レポートプレゼント ダウンロードはこちら
らくらく診断 無料 各種ご相談について、無料で診断いたします。 就業規則診断 労務リスク診断 メンタルヘルス対策診断 助成金診断
社会生活Q&A 行政書士の仕事に関わる日常生活の疑問にお答えします 詳しくはこちら 所長ブログ 仕事のことや日常のあれこれ 当サイトは常時SSLによりセキュリティを強化しております

へんみ事務所のらくらく診断

各種ご相談について、無料で診断いたします。
022-292-2351
お問い合わせはこちら
© 2018 宮城県仙台市の行政書士・社会保険労務士 へんみ事務所 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット