2017年06月21日 助成金・融資新着情報業務

助成金申請支援サービスにご注意ください

全国社会保険労務士会連合会から下記のリーフレットが届きました。

皆様にも注意喚起の意味を込めてお知らせいたします。

私の顧問先にもFAX-DMで助成金に関するものが多数流れてきています。

また、これらサ-ビスに申し込んでからの様々なトラブルなどもFacebookなどで情報提供されています。

一番多いトラブルは助成金申請前に多額の手数料支払いを求められること、会社の実情に合わない制度導入を無理矢理指示されることなどが多いです。

ハッキリ言ってこれら民間の代行サービス業は「会社の実情を知り、その解決手段又は手助けとして助成金を利用する」という基本的な考え方がなく、助成金支給額から代行手数料をふんだくることだけを目的としています。

こういった申請代行サービス会社では「社労士が代行申請します」と謳っていますが、結局仕事の少ない社労士が安い手数料で会社のいいなりで作業を行っていると聞いたことがあります。

助成金の相談は、こういった申請代行サービスではなく、せめて助成金が得意な社労士またはお知り合いの社労士など、社労士に直接相談してほしいと思います。

ちなみに私は顧問先の助成金申請以外は基本受けておりません。

助成金申請はその会社をよく知ることから始まると考えていますので、助成金ありきの業務は受けられないのです。

助成金をうまく利用して、会社がより良くなる制度を導入したり、従業員満足度が向上するような仕組みを構築するなど、助成金はお金もらうことをその主目的とすることなく、あくまで業務改善の結果助成金がもらえた!という考え方が出来るといいと思っています。

この辺は堅いんです。

助成金サービスの注意喚起の案内助成金サービスの注意喚起画像その2

あなたの身近なパートナー!022-292-2351 メールでのお問い合わせはこちら

へんみ事務所のらくらく診断

各種ご相談について、無料で診断いたします。
022-292-2351
お問い合わせはこちら
© 2017 宮城県仙台市の行政書士・社会保険労務士 へんみ事務所 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット