2021年11月04日 新着情報

国税庁ホームページで「令和2年分民間給与実態統計調査結果について」が公表されました。民間給与実態統計調査は、統計法に基づく基幹統計です。昭和24年分から始まり、今回が第72回目に当たります。この調査は、民間の事業所における年間の給与の実態を、給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、併せて、租税収入の見積り、租税負担の検討及び税務行政運営等の基本資料とすることを目的としています。

 調査結果の概要は、次のとおりです。

■民間給与の動向


  イ 給与所得者数
    民間の給与所得者数は5,928万人。前年比62万人(1.0%)減。

  ロ 給与総額及び源泉徴収税額
    給与の総額は219兆2,054億円。前年比12兆3,992億円(5.4%)減。
    源泉徴収された所得税額は10兆3,411億円。前年比7,984億円(7.2%)減。

■1年を通じて勤務した給与所得者


  イ 平均給与
    平均給与は433万円(前年比0.8%減)。
    男性532万円(前年比1.4%減)、女性293万円(同1.0%減)
    正規496万円(前年比1.5%減)、非正規176万円(同0.9%増)
    乙欄適用者を除く439万円
     内訳:平均給料・手当は369万円(前年比0.7%増)。
       男性449万円(前年比0.1%増)、女性254万円(同0.4%増)
       平均賞与は65万円(前年比8.1%減)。
       男性83万円(前年比8.6%減)、女性39万円(同8.9%減)

  ロ 納税者数及び税額
    1年を通じて勤務した給与所得者5,245万人のうち、源泉徴収により所得税を納税している者は
    4,452万人で、その割合は84.9%(前年比±0.0%)。
    また、その税額は10兆7,126億円で、給与総額に占める税額の割合は5.07%(前年比0.0
    3ポイント増)。

■調査結果のポイント


(1)平均給与は2年連続の減少
1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は433万円で、2年連続の減少となった。
《平均給与の推移》
平均給与の推移
(2)平均給与は2年連続の減少
1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は433万円で、2年連続の減少となった。
《平均給与の推移》
平均給与の推移
(3)正規、非正規の平均給与の差が初めて縮小
1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与433万円について、正規・非正規についてみると、正規496万円、非正規176万円であり、正規と非正規の平均給与の差は320万円となり、統計を取り始めた平成24年分以後、初めて差が縮小した。
《正規、非正規の平均給与の差の推移》
正規、非正規の平均給与の差の推移

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ [ 国税庁 ]
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/pdf/001.pdf
あなたの身近なパートナー!022-292-2351 メールでのお問い合わせはこちら

新着情報 最新記事

月別の過去記事一覧

法人設立 専門サイトはこちら 顧問契約(記帳代行・給与計算・労務相談) 詳しくはこちら 就業規則作成・見直し 詳しくはこちら 会計記帳代行 詳しくはこちら

その他のサービス

マイナンバー対応サービス・基本方針 へんみ事務所は適切にマイナンバーを管理しております。 小冊子プレゼント『経営に生かすコンプライアンス』 請求フォームはこちら 無料小冊子プレゼント『会社を守り、従業員を守る』 ダウンロードはこちら 経営レポートプレゼント ダウンロードはこちら
らくらく診断 無料 各種ご相談について、無料で診断いたします。 就業規則診断 労務リスク診断 メンタルヘルス対策診断 助成金診断
社会生活Q&A 行政書士の仕事に関わる日常生活の疑問にお答えします 詳しくはこちら 所長ブログ 仕事のことや日常のあれこれ 当サイトは常時SSLによりセキュリティを強化しております

へんみ事務所のらくらく診断

各種ご相談について、無料で診断いたします。
022-292-2351
お問い合わせはこちら
© 2021 宮城県仙台市の行政書士・社会保険労務士 へんみ事務所 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット