2021年10月15日 新着情報

 国税庁では、e-Taxホームページ及び確定申告書等作成コーナーにおいて、令和3年2月から5月にかけて「e-Tax利用に関するアンケート調査」を実施しました。その結果(有効回答数29万5080件)によると、e-Taxの利用満足度は67.5%、確定申告書等作成コーナーの利用満足度は88.3%となっています。

e-Taxや確定申告書等作成コーナーを利用するきっかけとなったものは、「国税庁ホームページ(e-Taxホームページ)」が45.2%と最も多く、次いで、「税務署からの案内文等」(22.9%)、「テレビ・ラジオ」(8.3%)となっています。
アンケート回答者の内訳利用した手続き(複数回答)は、「所得税申告」が72.7%と圧倒的に多く、次いで、大きく離れて「申請・届出手続き」(1.5%)、「消費税申告」(1.2%)、「納税手続き」(1.0%)が続いています。

利用しようと思った理由(複数回答)については、「税務署に行く必要がない」が84.8%と最も多く、次いで、「税務署の閉庁時間でも申告書等の提出(送信)ができる」(61.5%)、「申告書の作成・送信が容易である」(53.2%)、「パソコン(インターネット)を活用できる」(51.0%)、「申告内容の履歴が残り、管理しやすい」(40.9%)、「ペーパレス化が図られる」(36.0%)などの理由が挙げられています。

事前手続きの評価について「(とても)スムーズにできた」との回答割合は、「電子証明書のe-Taxへの登録」が66.9%で最も高く、次いで、「電子証明書やICカードリーダライタの取得設定」が61.2%、「開始届出書の送信(利用者識別番号の取得)、マイナンバーカードの利用開始手続き」が61.4%、「事前準備(事前準備セットアップツールの適用等)」が58.0%と続き、スムーズにできたとの回答が6割前後を占めています。

なお、e-Taxを利用していない(又は利用をやめた)人(13万814件)の理由では、「ICカードリーダライタの取得に費用や手間がかかるから」が30.4%で最も多く、次いで、「電子証明書の取得(更新)に費用や手間がかかるから」(24.7%)が続き、この2つの理由が5割半ばを占めています。以下、「セキュリティに不安があり、インターネットを利用したオンライン申請には抵抗があるから」が6.8%となっています。
理由理由

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ [ 国税庁 ]
https://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topicser02.pdf
あなたの身近なパートナー!022-292-2351 メールでのお問い合わせはこちら

新着情報 最新記事

月別の過去記事一覧

法人設立 専門サイトはこちら 顧問契約(記帳代行・給与計算・労務相談) 詳しくはこちら 就業規則作成・見直し 詳しくはこちら 会計記帳代行 詳しくはこちら

その他のサービス

マイナンバー対応サービス・基本方針 へんみ事務所は適切にマイナンバーを管理しております。 小冊子プレゼント『経営に生かすコンプライアンス』 請求フォームはこちら 無料小冊子プレゼント『会社を守り、従業員を守る』 ダウンロードはこちら 経営レポートプレゼント ダウンロードはこちら
らくらく診断 無料 各種ご相談について、無料で診断いたします。 就業規則診断 労務リスク診断 メンタルヘルス対策診断 助成金診断
社会生活Q&A 行政書士の仕事に関わる日常生活の疑問にお答えします 詳しくはこちら 所長ブログ 仕事のことや日常のあれこれ 当サイトは常時SSLによりセキュリティを強化しております

へんみ事務所のらくらく診断

各種ご相談について、無料で診断いたします。
022-292-2351
お問い合わせはこちら
© 2021 宮城県仙台市の行政書士・社会保険労務士 へんみ事務所 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット